空室資料・検索システムチェック


大家さんの物件の空室資料(管理会社さんから賃貸仲介店舗にメールもしくはFAXで送られる空室一覧資料)がどのようになっているか?

 

また、仲介業者が使っている検索システム(けんさくん、AOSなど)に正しい且つ、必要な情報が記載されているかなどを徹底的にチェック致します!

 

 

<よくある例>

 

リフォームもしっかり行い、部屋の美装も完璧!

家賃も適正にして、広告料も相場並みかそれ以上、

初期費用も工夫して、最寄りの仲介店舗にも自ら営業!

 

しかし、一向に申し込みが入らない。

案内数も不明…

 

家賃を少し下げてみようか?

TVインターホン?ウォシュレット?何か追加でつけようか?

広告料を1か月増やそうか?

フリーレントをつけて、敷金はなくそうか?

多少属性が悪くても入れちゃえー(笑)

 

その前に、必ずやるべきことがあります!

 

それが空室資料及び、業者用検索システムのチェックです!

 

いくら内装をオシャレにして、募集条件を良くしても

その確認の元である情報に誤り、不足があっては元も子もありません。

 

・値下げしたのに家賃が高いまま。

・実際は灯油ストーブなのに空室資料にガスストーブと記載されている。

・申込キャンセル後もしばらく申込のままにされている。

・駐車場空きがあるのに満車と記載。

・検索システムに間取り図が載っていない、もしくは間違っている。

・そもそも検索システムでヒットしない。登録されていない。

・鍵の所在が書いていない。 

 

などなど

 

最低限、上記のような間違い、不足をチェックし、直してもらうのは当然です。

 

当社で行うサービスではさらに

賃貸営業マンから見て、どのような募集条件を空室資料に盛り込めば

効果的か、裏技なども盛り込みながら提案致します。

 

空室資料・各種検索システムをチェックし、

間違いや改善点がなかった場合は料金は結構です!

 

 

関連記事① 関連記事② (コジローブログ)